2018

01

30

コメント

ほんとうの花を見せにきた.桜庭一樹



ちいさな焦げた顔/ほんとうの花を見せにきた/あなたの未来の国に行く

中国の山奥からやって来たバンブーという一族。彼らは人の血を啜る。
組織を裏切った父への報復に母と姉を殺害された少年は、バンブーと
その相棒に救われ、育てられる。だが、それは彼ら一族にとって大罪。
やがて一族に知られ、王の前に引き立てられる。

中国の竹族から日本のバンブーまで大河ドラマ的な短編集です。登場
人物が少しずつカブって数十年に亘る話の流れがあるので、うっかり
すると見逃す人物がいるかも知れません。美味しい設定ですが、一部
個人的に性格が合わない方がいて残念です。

2018

01

27

コメント

東京ロンダリング.原田ひ香



離婚したりさ子は帰る家も無く、ふと入った不動産で仕事につく。
事故物件に一定期間住むことで、部屋をロンダリングする仕事だ。
やがて知り合う人々と触れ合う中に、りさ子の心は癒されていく。

これは何のカテゴリに入れたらいいのだろう、と悩みましたが
はい、謎もあるのでミステリで。面白い設定ですが、最後が少し
満福気味ですね。

2018

01

22

コメント

丑三つ時から夜明けまで.大倉崇裕



丑三つ時から夜明けまで/復習/闇夜/幻の夏山/最後の事件

五年前、警察庁は幽霊の存在を確認した。幽霊による加害者への復習を
防ぐべく捜査五課を設立したが、単独では動くことができない。今日も
密室で遺体が発見され、捜査一課と五課の合同捜査が始まるのだが。。。

静岡県警捜査一課の”私”が主人公。上司の米田と三課の七種の対立など
絡め、話が進みます。幽霊が犯人か、人間が犯人か、お互い対立しつつ、
説明くさい事もなく、真相にたどり着きます。

2018

01

18

コメント

iPhone初心者 今日から役立つ100のネタ



iPhone芸人かじがや卓哉がズバリ教える

これは章立ては無くネタ100連発本です。iPhoneデビューして早半年、
これ欲しかったというネタも少なくありません。まあ、一言でいうと、
使いこなしていないのですが、どこまで求めるかそれぞれですよねぇ。

2018

01

14

コメント

がん消滅の罠.岩木一麻



完全寛解の謎

日本がんセンター腫瘍内科医・夏目に紹介された患者は、末期がん。
余命半年の宣告後、特約の生前給付金を受け取り、治療を受けた後、
病巣は消え去り完全寛解となっていた。しかし、同様の症例が4例も
続いたため、夏目は保険金詐欺の可能性について質問を受ける。
高校時代から友人で同センターの疫学研究者・羽島はこの謎に挑む。

本作は第15回「このミステリーがすごい!」大賞作品。ワタクシも
書店で本作を見かけて興味を持ちました。医療系のミステリは時に
病院が舞台なだけでミステリ要素は医療系ではない作品もあります。
これは謎を医療に置かれています。

2018

01

11

コメント

毎日が楽しくなる きらめき文房具.菅未里



文具ソムリエール 菅未里

モテ文具/見栄文具/贈り物文具/自己満足文具/不思議文具/便利文具

文具ソムリエールとは実用性ではなく、楽しい・可愛いなどの
感性に基づいて、文房具を薦める仕事であるとのこと。確かに
使ってみたいと思うものが少なくて、自分は文房具に実用性を
求めていると改めて気付きました。女子目線が必要かもです。

2018

01

07

コメント

自由殺人.大石圭



長距離走者だった朝香葉子の元に届いた一通の手紙には、コインロッカーの
鍵が同封され、そこにはクリスマスプレゼントが入っていると書かれていた。
だが、その手紙を受け取った者は他にもいた。その通報でコインロッカーに
入っている物はイブに爆発する時限爆弾と知った葉子は、警察に届け出る。
だが、時間をおいて数ヵ所で爆発が起こり被害者は増加。爆弾を送りつけた
犯人は残りの爆弾に関し、葉子にゲームを持ち掛ける。

もう読んだと思っていましたが、未読だったのか記憶から消去されたのか。
展開は分からないまま、最後まで読み終えました。陽子の強さが、強すぎる
葉子が何故か切なくもあります。彼女は真っ当に生きていると思うのですが、
読んでいて辛くなるのはワタクシだけでしょうか。

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad