2018

08

13

コメント

空の中.有川浩



国産輸送機開発プロジェクト一号試験機は、試験飛行中に四国沖高度2万
メートルで爆発炎上した。航空自衛隊岐阜基地から飛び立ったF15J一機、
同じ空域で同様に爆発炎上した。生き残ったもう一機のパイロットと事故
調査委員を乗せた機が、事故空域で遭遇したもの。一方、自衛官の遺児が
海辺で見つけたもの。二つの出会いは人類に未曾有の危機を示した。

プロジェクト一号試験機に続き、自衛隊機までも爆発炎上したことを受け
高巳は調査を開始、口説き落として生き残ったパイロット・光稀の操縦で
事故空域に連れて行かれます。そこで出会ったものは空に擬態した何か。
高巳と光稀は何かと接触し、瞬も小さい何かを拾います。ほぼ同時に進む
人類と未知の生物との接触。それをあれだけで済ませるのはスゴいとしか
言えません。そして解決の糸口は宮じいだという。。。

特別書き下ろし「仁淀の神様」に後日談が語り尽くされています。

武田光稀:航空自衛隊岐阜基地所属、三尉
春名高巳:特殊法人日本航空機設計事故調査委員、三津菱重工技術者
斉木瞬:航空自衛隊斉木三佐の遺児
白川真帆:スワローテイルのテストパイロットの遺児
宮田喜三郎:仁淀川の川漁師、通称・宮じい

三部作:塩の街.空の中.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/981-7e86c715

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad