2018

07

14

コメント

最後の医者は雨上がりの空に君を願う.二宮敦人



とあるチャラ男の死/とある母親の死/とある医師の死

重度のアレルギー反応を持つ桐子。少年時代は入退院を繰り返し、命を
脅かされていた。そこで出会った末期癌患者が、桐子の諦めきった心を
確実に変えた。一方、福原は幼い頃に母を癌で亡くしていた。末期癌で
ありながら絶対に治ると信じていた母の姿は、彼の心に何かを残した。
そして、彼らはまた「とある医師の死」に挑むことになる。

今回も患者を挟んで二人がぶつかり合います。前作は友人の死に対して
50:50の立場でしたが、本作は福原に負荷が多い気がします。二人の
どちらかが間違っているということではなく、考え方の違いだと思って
いますので50:50のぶつかり合いが見たいです。でも、こういう系の
究極の最後のって、どちらかが……な時ですよね。。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/967-e5940445

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad