2018

06

19

コメント

GODZILLA 怪獣黙示録.大樹連司



大樹連司=著 虚淵玄=監修

1999年アメリカ合衆国ニューヨーク州、人類の前に初めて怪獣が出現した。度重なる怪獣の出現で大陸を2つ失い、世界人口が3分の1にまで減少した時、ゴジラが出現。今迄の脅威はゴジラの前では惨劇の始まりに過ぎなかったと人類は思い知る。エクシフ、ビリサルドという地球外生命体との接触を経て、人類はゴジラを倒すため決死の作戦を計画する。

本作は、アニメ映画版GODZILLAの前史として書き下ろされた小説版です。地球連合情報部の職員アキラ•サカキが、2048年アトラム号への乗船まで聞き取り調査を行った記録だと記されていますが、彼らは乗船できたのか。調査の性質上ドキュメンタリー調で進みますが、それが絶望感を煽ります。2048年3月11日の記録で本作は乗船の直前で終わっています。

シリーズ情報:怪獣黙示録.
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/962-8da11e79

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Amazonアソシエイトについて

当サイト『シカフ衛星C』は、amazon.co.jpを

宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を

獲得できる手段を提供することを目的に設定された

アフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Designed by

Ad