2018

06

26

コメント

GODZILLA プロジェクト•メカゴジラ.大樹連司



大樹連司=著 虚淵玄=監修

3037年、人類にとって最大の脅威であるゴジラは西ヨーロッパを蹂躙し、
海へ消えた。故郷を失い地球に飛来した異星人達の科学力を受け、怪獣に
蹂躙されるがままだった地球連合は反撃に出る。束の間の勝利をつかむが、
2042年ゴジラが再び姿を現す。地球連合はメカゴジラを最終兵器とすべく
捨て身の作戦を打ち出す。

異星人の科学力を持ってすればゴジラは倒せる。作戦を遂行すべく多くの
犠牲を払う地球。これが多方面から書かれていて、唸ります。偏りがなく
調査を行なったアキラの性格の良さが窺い知れるようで(わかってます、
アキラは書いていません・笑)読んでいて感動すら感じます。前史なので
経過は読めてしまいますが、最後は希望が見えます。ゴジラの根底にある
テーマは変わらない気がします。

GODZILLA:怪獣黙示録.プロジェクト•メカゴジラ.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/961-7c6e3bba

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad