2018

04

03

コメント

嗤う淑女.中山七里



美しい蒲生美智留。中学の同じクラスに転入してきたのは酷いいじめを
受ける日々を過ごしていた野々宮恭子の従姉妹だった。いじめの標的が
美智留に移るが、彼女は鮮やかに手を打った。その後、恭子を病からも
救い、長じた美智留は生活プランナーとして次々に人の運命を狂わせる。

美智留という恐ろしい女性に、登場人物全てが翻弄されています。多分。
麻生は犬養刑事の上司だったと思うのですが今回は犬養刑事は登場せず。
その理由は勝手に想像し、最後は成程と思いました。

覚書:
警視庁捜査一課 麻生
御厨 検視官
警視庁捜査一課桐島班 高殿
弁護士 宝来
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/931-c80ed3ca

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad