2018

03

22

コメント

眼球堂の殺人.周木律



The Book

全ての数学定理の証明が書かれている神の書「The Book」を探し求める
放浪の数学者、十和田只人。彼の元に世界を代表する建築学者・驫木から
新居への招待状が届いた。十和田と彼を追い掛けるルポライター・陸奥が
新居である眼球堂を訪ねると、そこには各界の天才たちも集められていた。

ホストとの晩餐、最初の夜が明けるとホストは殺害され、招待客も次々と。
というお約束の展開です。そこに数学が絡むと新しくなるのかややこしく
なるのかわかりませんが。既に、4作目も刊行されているシリーズなので
うっかり表紙を見てしまい、何となく最後が見えてしまった...残念です。

第47回メフィスト賞受賞作品

十和田只人:放浪の数学者
善知鳥神:天才数学者

堂シリーズ情報:眼球堂の殺人.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/923-c61de61c

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad