2018

03

19

コメント

その可能性はすでに考えた.井上真偽



南阿佐ケ谷駅近く、腕利きだが色々と裏に込み入った事情を持つ探偵
上苙丞。彼の探偵活動は奇蹟の存在証明に遂行される。教団アポリュ
トローシスの生き残り渡良瀬が、10年前の集団自殺の真実解明を依頼。
首無し聖人の如き渡良瀬の記憶から、上苙は奇蹟を証明出来るのか。

人物覚書でこれほど括弧書きを使うことになるとは思いませんでした。
上苙は碧眼白皙の美青年、右は翡翠左はターコイズブルーの虹彩異常症、
頭髪を青く染め、手には白手袋、赤い上衣を常時着用しているようです。
でも、あまりキャラの強烈さを感じさせません。一気に謎解きではなく、
推理合戦が続くので、個人的に記憶力に難がありました。

シリーズ情報:その可能性はすでに考えた.

上苙丞(うえおろ じょう):探偵
姚扶琳(ヤオ フーリン):上苙に金を貸す、老仏爺(ラオフォイエ)
宋儷西(ソン リーシー):西王母(シーワンムー)の異名を持つ怪女
八ツ星聯(やつほし れん):探偵の元助手
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/922-fcd29d7e

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad