2018

02

14

コメント

空中ブランコ.奥田英朗



空中ブランコ/ハリネズミ/義父のヅラ/ホットコーナー/女流作家

麻布学院大学医学部付属病院神経科勤務で大学講師の池山達郎は、日々戦っていた。義父の野村は現学部長、医学部のトップ。そして、ヅラだ。池山は、そのヅラを剥ぎたい衝動と日々戦っている。身の破滅だからだ。池山は悩み伊良部の診察を受けたが、ヅラを剥ぐ以外に治す法はないと伊良部は池山の医局を訪ねて来た。(義父のヅラ、より)

これは名作になっています。前作は伊良部の滅茶苦茶さに振り回されて、副産物的な解決らしきものが見えたのですが、本作は患者自らが気付き癒され、解決に導けているのです。本作は池山以外にも外科医の倉本も登場し、3人でヅラを巡って組み合うなど青春を感じてジーンときます。第131回直木賞受賞作品です。

シリーズ情報:イン・ザ・プール.空中ブランコ.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/913-c6a4ccb3

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad