2017

08

27

コメント

首洗い滝. 内藤了



よろず建物因縁帳

八角神社の裏の地図にはない首洗い滝。住人は恐れて滝には近寄らないが、若者は祟りを恐れず滝に入ってしまう。広告代理店に勤務する春菜は上司の井之上と共に若者の救助に加わったが、滝壺から引き揚げた若者は顔を削り取られ死亡していた。事故の瞬間、滝には女の顔が浮かび子守唄が聞こえたという。八角神社と滝近くに刻まれた隠温羅流の印。滝は浄化を求めている。業を祓うべく、仙龍は動く。

本作は行動が早いです。一気に全員が集められ、一気に調べ出し、一気に対策が練られ、等々。滝も仙龍の守備範囲とは驚きました。よろず建物とは、よろず>建物、よろずに比重がかなりあると気付きました。一つ心配な事はこれは一地域の話がシリーズになっていますので、ネタが。。。それとも世は一つの地域に禁忌は数多くあり、気付いていないだけなのでしょうか。

シリーズ情報:鬼の蔵.首洗い滝. 

高沢春菜:広告代理店営業、主に博物館の展示計画に携わる
守屋大地:曳き屋師、隠温羅流導師、鐘鋳建設社長、仙龍の号を持つ
崇道浩一:法被前の駆け出し、同社新入社員、文化人類学の修士を持つ
小林寿夫:民俗学者、歴史民俗資料館学芸員、元教授
加藤雷助和:三途寺に勝手に住み着いた和尚
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/860-b9b08283

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad