2017

08

02

コメント

ミッドナイト・サン.沢村鐵



市民楽団のヴァイオリニスト宇田川匠は、興味もなかった涌井朱音から誘われ次回の定期演奏会の演目を、全体練習の後に二人で自主練を行うことにした。匠は徐々に彼女に惹かれていく。だが、匠の仲間が徐々に消され、朱音の家を訪れた時、匠は19世紀のメキシコ死者の日での出来事を語り出す。

ワタクシのように注意力が散漫でなければ、表紙の後ろ姿の襟元が伝統的な色であることがわかると思われます。ですが、ワタクシはこれをヒーロー戦隊的コスチュームと勘違い。更に「死者の日」は、昔のテレビドラマでとても印象的でその音楽を今でも思い出すほど。19世紀のメキシコと、現代の日本を交差する本作に要らない情報ばかりが脳内にあり、微妙な感じで読み終わりました。
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/850-7ad7c511

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Amazonアソシエイトについて

当サイト『シカフ衛星C』は、amazon.co.jpを

宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を

獲得できる手段を提供することを目的に設定された

アフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Designed by

Ad