2017

06

30

コメント

壁と孔雀. 小路幸也



警視庁警備部警護課に所属する土壁英朗は、要人警護の際に足に被弾。
退院後、リハビリを兼ね、二年前に死亡した母親の墓参りに行くことにした。
離婚した母の死亡は、父が十年前に死亡したためか数ヶ月を経過して知り、
訪れる機会がなかった。初めて訪れる母の生家には二回り年下の異父弟・
篠太未来がいた。そして彼は、自分が母を殺したと言った。

獣医の父のもと、子供の頃から動物に囲まれて育った英朗は、初めて会う
相手を動物に見立てます。弟の未来は孔雀。そして、SPである英朗は壁。
つまり、英朗と未来というタイトルなんですね(壁は動物ではありませんが)。
この兄弟の物語は、母の生家を絡み、危険な香りがします。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/843-dabd5dd5

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad