2017

05

03

コメント

不協和音. 大門剛明



偶然と必然/箱師の鉄/英雄の偶像/左と右/発火点

京都、刑事と検事の事件手帳

太秦署の刑事・川上祐介は、自白から黙秘に転じた事件の遺体探しに奔走する。
だが、京都地検は不起訴を決める。担当検事は唐沢真佐人、祐介の実弟だった。
二人の父親は京都府警の名刑事だったが冤罪を機に失職、真犯人は未だ不明。
21年ぶりの再会だが、事件を軸に激しくぶつかり合う。

帯に「炎の刑事と氷の検事」とありましたので、硬派な話だと思って読みましたが、
今一つユルかったです。何故か女弁護士まで出てきて???な行動も取りますし
微妙でした。続編は読むと思いますが、兄、もう少し頑張って欲しいですね。

川上祐介: 太秦署刑事、巡査部長
唐沢真佐人: 京都地検刑事部検事
大八木宏邦: もと京都府警刑事、二人の父親、故人
小寺順平: 京都府警捜査一課警部補
宇都宮実桜: 左京法律事務所、弁護士
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/825-ff4f31a3

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad