2017

05

06

コメント

鬼の蔵. 内藤了



よろず建物因縁帳

蒼具の盆は隠れ鬼を厳しく禁じる。禁忌を破って隠れ鬼をした兄妹の、兄は
神社のある裏山から異様な遺体でみつかった。その体験を忌まわしく恐れた
妹は蒼具の屋敷を村に寄贈。村の活性化のため「道の駅」新設の助成金が
下りた。広告代理店に勤務する高沢春菜は現場を訪れ、蒼具の蔵に人間の
血液で鬼と書かれた土戸を調査に入った民俗学者に見せられる。そこには、
曳き屋師も同席しており、彼は因縁を祓って曳くには調査が必要と告げる。

本は薄いのですが中身は濃いです。因縁付き物件専門の曳き屋隠温羅流。
仙龍が蒼具の蔵の因縁を解き明かしていきます。ホラーとミステリが融合し、
猟奇犯罪のシリーズとは違う世界が広がっているのですが、そこにも色恋を
出しているのは流石でした。来月にシリーズ二作目が刊行されるようですが、
中心人物はレギュラーなのか、そこも気になります。

シリーズ情報:鬼の蔵. 

仙龍:隠温羅流導師、株式会社鐘鋳建設代表取締役、守屋大地
コーイチ:文化人類学の修士号を持つ法被前の駆け出し、崇道浩一
小林教授:民俗学の教授
雷助和尚:三途寺和尚、加藤雷助
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/824-dbe78623

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad