2017

04

05

コメント

八獄の界. 三津田信三



死相学探偵 6

今週末にバスに乗れば、黒術師のもとに連れて行く。黒捜課の刑事・曲矢が、
黒術師がネット上の崇拝者たちを集めようとしていると俊一郎に知らせに来た。
しかも、俊一郎に潜入しろと言う。仕方なく所定の場所に行き、バスに乗り込む
俊一郎。だが、バスは黒術師の結果か事故の衝撃か、異空間に行ってしまう。

黒術師との直接対決はないのですが迫って来てる感があります。予想以上に
俊一郎に焦点が合っているので、次は一気に進むことを期待してしまいます。
最後、奈良の杏羅町に住む祖母が、顔無しに憑かれた子供のお祓いに行くと
いう展開があり。その話読んでいたような...読んでいないような...。

死相学探偵シリーズ情報: 
十三の呪. 四隅の魔. 六蠱の軀. 五骨の刃. 十二の贄. 八獄の界. 
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/816-57996d17

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad