2016

10

28

コメント

記憶屋Ⅲ.織守きょうや



新聞記者・猪瀬が追う記憶屋は、幼馴染の芽衣子なのか?幼馴染への疑惑を払うため取材に協力する夏生。だが、メディアにも顔を出している料理人に接触した矢先、彼の記憶が消えてしまう。芽衣子が記憶屋だとしたら...従姉の真希からのアドバイスを受けた夏生は、心を決める。

凄い着地で終わりました。こうなるとこれは三冊で一つのお話と思います。記憶を消すことが必要な人、忘れられたことに苦しむ人。記憶屋の肯定と否定は猪瀬と夏生の言葉を借りて続いていきます。途中に入る料理人の話も一つの考え方そのままです。猪瀬が何故そこまで記憶屋に拘るのか、ちょっと覚えていないんですお...一冊目のあそこらへんに書かれていると思うのですが、途中、情報提示があったのでそれを覚えていたら、もっと違う読み方が出来たかも知れません。

記憶屋シリーズ情報:記憶屋記憶屋Ⅱ.記憶屋Ⅲ. 
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/769-dbdec27b

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Amazonアソシエイトについて

当サイト『シカフ衛星C』は、amazon.co.jpを

宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を

獲得できる手段を提供することを目的に設定された

アフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Designed by

Ad