2016

11

03

コメント

警官の血 下巻. 佐々木譲



民雄/和也

昭和61年、民雄はやっと希望していた天王寺駐在となることが出来た。
潜入捜査の心の傷は癒えぬままだが、地域のために尽くした。やがて、
清二の調二つの事件の関連を調べることが、父の死の真相に繋がると
自らも調べ始める。だが、発生した立てこもり事件で命を落とす。
それから5年後、長男・和也は叔父の援助を受け大学を卒業後、警視庁
警察学校に入学した。卒後、警務部員として動くことを命じられた和也は
自らも祖父、父が調べた二つの事件を調べていく。

潜入捜査によって心に傷を負った民雄に続き、長男の和也もまた、潜入
ではありませんがスパイ的な行為が仕事のスタートとなりました。ですが、
先の二代によりも逞しいのか、時代が違うのか。何故?という不条理が
少ないような気がします。和也はまだ現役ですので判定保留ですが。

警官の血 上巻. 警官の血 下巻.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/768-3a044d12

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad