2016

10

13

コメント

記憶屋Ⅱ. 織守きょうや



夏生と芽衣子は幼稚園からの幼馴染み。依頼、高校までずっと一緒だ。
ある下校時に猪瀬と名乗る新聞記者に声をかけられる。四年前の事件、
パン屋の店員のみではなく、夏生たちも記憶を無くした件を取材したい。
猪瀬は自分は知人から忘れられたと、記憶屋を探しているのだと言った。
夏生は芽衣子への疑いを晴らすため、猪瀬の取材に同行する。

これは、まさかのⅢに続くパターンですね。前編かというくらいの振りです。
主人公は変わりますが、聞き覚えのある名前がちらほらリンクしています。
ああ、もっとしっかり覚書しておけば…。傷ついて記憶を消したいと願う人、
大切な人から忘れられて傷ついた人。どちらがどうとは言えません。

記憶屋シリーズ情報: 記憶屋. 記憶屋Ⅱ. 
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/762-2d56efd2

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad