2016

09

27

コメント

記憶屋. 織守きょうや



夕暮れ、公園の緑色のベンチで待っていると記憶屋が記憶を消してくれる。

大学生の遼一は先輩の杏子に思いを寄せるが、彼女は夜道の恐怖と共に
それを治そうと寄り添った遼一の記憶まで消してしまった。その理不尽さに
記憶屋を探し始めた遼一。やがて辿り着く記憶屋の真相と、彼が時折見る
夢の情景が紐解けていく。

遼一が都市伝説にすぎないと思っていた記憶屋という存在を確信したのは、
実際に、記憶屋に記憶を消されたと思われる三人目に気づいたからだった。
最初にそうカマされて、その後は遼一と記憶を消された人とその周りの人が
入れ替わりながら真相に迫っていきます。ラストは続編があるとは考え難い
終わり方と思うのですが、既にシリーズ三作目が刊行されているようです。

シリーズ情報: 記憶屋. 
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/756-7d1da25b

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad