2016

06

19

コメント

エウレカの確率. 石川智健



経済学捜査員 伏見真守

川崎市高津区で起きた連続殺人事件。発覚から一ヶ月が経ち、捜査本部に
科学警察研究所・プロファイラ―の盛崎と、経済学者の伏見が増員された。
伏見は全殺人事件の三分の一にあたる合理的殺人の解決に自分は有効。
本件で最大の利益を得た人間を探し出し、追求するために来たという。

殺人事件と経済学。殺人を犯すことはリスクが高いが、そのリスクを上回る
利益を得られる場合はリスクを選ぶ者もいる。そう言われると確かに殺人と
経済学はリンクするかも知れません。伏見の分析は実のところ難解ですが
面白く、日頃の怠惰な姿勢が問われるようでシャキッとなります。

エウレカの確率シリーズ情報: 経済学捜査員 伏見真守. 
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/728-d64196f5

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad