2016

03

27

コメント

十二の贄.三津田信三



死相学探偵 5

両親も知らず児童養護施設で育った悠真のもとに、弁護士が訪れた。大面家当主・幸子が悠真を引き取りたいという。幸子の四番目の夫と家政婦との間に出来た子供が悠真であり、同様の異母兄弟が七人、幸子の異母兄弟が五人、同居しているという。一年後、幸子が亡くなり、驚くべき遺言状が披露された。その背後に動く黒術師の影、依頼は俊一郎に持ち込まれた。

夜中の墓所から始まります。そのままゾクゾクいくと思ったのですが意外にもあっさり系でした。黒術師も何となく保留という感じ、中休み的なのでょうか。真館市はちょいちょい出てくるので、要チェックですね。

シリーズ情報:十三の呪四隅の魔六蠱の軀五骨の刃.十二の贄.

大面家は茄新市、隣は摩館市 
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/703-bf5fd870

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

Amazonアソシエイトについて

当サイト『シカフ衛星C』は、amazon.co.jpを

宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を

獲得できる手段を提供することを目的に設定された

アフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Designed by

Ad