2016

02

20

コメント

地獄行きでもかまわない. 大石圭



小説家を目指す南里遼太郎は、小説を書いては投稿するも落選ばかり。
覆面作家・野々村ケンの作品を貪るように読み、羨む日々を送っていた。
ある日、美しい夕紀の気を引くためについてしまった一つの嘘。その嘘は
夕紀を劇的に変えたが、恐ろしい悲劇の始まりでもあった。

遼太郎がついた嘘は一つですが、その結果は周りの人々をも巻き込んだ
大きな悲劇でした。最後の方は幸せな日々を送ることがやっと出来そうな
状況なのに、地獄は目前です。上げて落とすって流れでしょうか。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/691-cfe45530

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad