2015

11

22

コメント

クラーク巴里探偵録. 三木笙子



幽霊屋敷/凱旋門と松と恋/オペラ座の怪人/東方の護符

巴里で路頭に迷った晴彦は人気の那須一座に拾われ、番頭・孝介の家に
居候している。ある日、何故か幽霊退治に行く孝介の供をすることになり、
ポルターガイストが騒ぐという、デュポア家を訪れた。指示を器用にこなす
晴彦は、やがて孝介に認められていくのだが...。(幽霊屋敷、より)

曲芸一座の番頭・孝介に贔屓筋から持ち込まれる難題の数々。晴彦は
それを手伝い、孝介の信頼を得ながら助手?として行動を共にします。
ですが、まぁ、ある争いごとに巻き込まれていくと言うか何というか......。
探偵録が直球で楽しめたので、そこは微妙でした。

シリーズ情報: クラーク巴里探偵録. 
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/659-381c0ccd

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad