2015

06

09

コメント

おやすみラフマニノフ. 中山七里



城戸晶は愛知音大4年生。前期の学費納入も滞り、バイトしても追いつかない。
だが、演奏会の第一ヴァイオリンの首席奏者、コンサート・マスターに選抜され
起死回生の学費免除、プロになる夢にも近付いた。そんな矢先、時価2億円の
チェロが完全密室の楽器保管室から忽然と姿を消し、不可解な出来事が続く。
臨時講師の岬洋介の提案で、演奏会の中止は回避できたのだが・・・。

ピアニスト岬洋介を探偵とするシリーズ第二弾、前作とほぼ同時期になります。
このシリーズは彼が輪の中心ではなくて、主人公の音楽と人生の機会を繋いで
いくように感じられます。音楽に真摯な人に本当に優しく音楽的に指導しますが、
結局は人生をも変えている、ような気がします。今回も「おやすみ」に唸ります。

岬洋介シリーズ情報: さよならドビュッシー. おやすみラフマニノフ.
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/604-0fe945c4

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad