2008

02

05

コメント

株価暴落. 池井戸潤



白水銀行審査部に勤務する板東が担当している巨大スーパー・一風堂は、グループ
売上二兆円、傘下に数百社を擁し流通業界の巨象といわれる大企業であると同時に、
一兆円を越す有利子負債を抱える白水銀行最悪の業績懸念企業でもある。
その一風堂を襲った連続爆破事件。株価は暴落、一風堂の巨額支援要請をめぐり、
板東は企画部の二戸と対立する。一方、犯人と目された男の父は、一風堂の強引な
出店で自殺に追い込まれていたのだった。

池井戸氏は好きな作家でもあるので、作品はほぼ読んでいます。その後に、ここを
立ち上げてしまい、再読して全てupするか…無理。というとで、一冊を選ぶとしたら
「最終退行」と迷いましたが、本書になりました。嗜好がわかってしまうかもですね。
組織の中で働く者は、少なからず組織と自分の間で考えることがあります、よね? 
本書のように企業と顧客との間も。ここまでシビアではないにしろ、共感出来ます。

リンク情報:
板東洋史:白水銀行審査部
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/6-fff71056

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad