2015

05

05

コメント

のぞきめ. 三津田信三



序章/覗き屋敷の怪/終い屋敷の凶/終章

私が編集者だった頃、利倉成留が学生時代に貸別荘地でバイト仲間と怪異に
巻き込まれた話を聞いた。そして作家になり、憑き物信仰を調べるうちに市井の
民族研究者であった四十澤想一から、彼の体験談を綴ったノートを譲り受ける。
私は、十数年の時を経て同じ村で起きた二つの怪異譚を収集したのだ。だが、
それは二つの怪異の元凶にふれることだった。

作家三津田信三シリーズと思うのですが、いつものように名乗らないんですよ。
この世界も入り組んでいるので油断できません。序章では二つの怪異譚を手に
入れた経緯、二つの体験談、終章にはこの怪異のある謎を探ります。ホラーと
ミステリの融合ですが、ゾクゾクは若干ユルいかもです。

覚書:
編集者から作家になった私、作家三部作や刀城言耶シリーズを執筆
奈良の杏羅町の拝み屋(死相学探偵シリーズの?)
侶磊村筆頭地主、北磊の砥館家、創め屋敷
南磊の鞘落家、終い屋敷
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/595-9c22d9b2

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad