2015

04

09

コメント

スタート!. 中山七里



助監督になって五年、昼から飲んだくれる宮藤映一は一本の電話で酔いが醒める。
邦画界の重鎮・大森監督の新作映画の企画が通り、三年ぶりの召集が掛ったのだ。
だが、昨今の映画事情で横槍も多く、昨年肺炎を患った大森の体も、映一は心配だ。
そして現場で事故が発生、ついには殺人までも。映画の完成に危機が迫る。

おお、作品群がリンクしています。「さようならドビュッシー」のレポーターが撮影所に
ズカズカ来ましたので、岬洋介はほぼ同時期に実在しています。一方、映画の原作
「災厄の季節」=「連続殺人鬼カエル男」ですので、古手川や彼に絡みのある犬養は
実在しないということになります。その代わり?男前の刑事(映一の弟)がいます。

待ちに待った大森の新作、ですが昨今の映画事情は巨匠といえども逃れられない
出資者側から無理難題、監督の体調不良、果ては殺人までが起きてしまいます。
確かにクセのある人間ばかりですが、人間の本気さがひしひしと伝わってきます。
製作打ち切りの危機を乗り越え、映一が成長していく様は感動モノです。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/584-2c840a01

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad