2015

03

15

コメント

ハイドラの告白. 柴村仁



美術大学生の春川は生協売店の老舗アート誌を見て、驚愕のあまり財布を取り落とし、
小銭をバラまいた。制作者としてクレジットされている姓名は布施正道で、作品も確かに
彼のものだが、顔は別人だった。春川は、数日で布施正道のアトリエの場所を突き止め、
その地へ向かう。そこで出会ったのは、同じ美術大学の後輩にあたる由良彼方だった。

前作ではいなかった(と思う)春川=ハルが勢いで行きついた地で、名前に覚えのある
由良彼方と出会います。本作も、表記なき二部構成。一部はハルの一人称、布施正道
がらみの数日。二部は彼方のいとこの一人称、宛がらみ。本作に登場する一枚の絵は
謎を孕んでいて、そこに描かれた少女とともに今後も絡みそうな気がします。

由良シリーズ情報: プシュケの涙. ハイドラの告白.

春川: ハル、美術大学デザイン科四年生
ねう: 布施正道のアトリエ近くに住む少女
由良彼方: 美術大学日本画科三年生
由良宛: 彼方の一卵双生児の兄
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/579-73af93b1

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad