2015

04

04

コメント

機龍警察 自爆条項.月村了衛

 

警視庁特捜部ポリス・ドラグーン。刑事部、公安部などいずれにも属さない
専従捜査員と突入要員を擁する特殊セクション。裏社会の通称、機龍警察。

拳銃密輸の通報を受けた神奈川県警は、横浜港大黒埠頭で職質を行った。
突然、白人男性が短機関銃を発砲、大量虐殺のすえに自殺した。コンテナに
残された二機の機甲兵装に、テロ決行間近を察知した沖津は捜査を命ずる。
一方、ライザのもとに、かつて所属していた組織の処刑人が訪れる。

前作は姿の過去が、本作はライザの過去が軸になっています。姿の場合は
昔の仕事仲間との回想程度でしたが、本作はがっつり半分は割いています。
ライザは何故アイルランドのテロ組織の処刑人となり、そして離脱したのか。
英国高官の来日に合わせ、密かに進行するテロ計画。並行する処刑計画。
搭乗要員に課せられた自爆条項も明らかとなり、最後まで緊迫します。

序盤は本の如く、中盤は奇術師の如く、終盤は機械の如く。

機甲兵装:人体を模して設計された、二足歩行型軍用有人兵器
沖津旬一郎:特捜部長、警視長
姿俊之:特捜部付警部、龍機兵フィアボルグ搭乗要員
ユーリ・オズノフ:特捜部付警部、龍機兵バーゲスト搭乗要員
ライザ・ラードナー:特捜部付警部、龍機兵バンシ―搭乗要員

機龍警察シリーズ情報:機龍警察.自爆条項. 
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/574-80830900

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad