2015

02

07

コメント

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人. 中山七里



臓器のほとんどが抜き取られた惨殺死体が、木場公園で発見された。その翌日、
ジャックと名乗る人物からの犯行声明が緊急ニュースで流された。続けて川崎で
同様に殺害されるも、共通点は見つからない。だが、犬養らは被害者たちを結ぶ
線を見出し、ジャックを追う。犬養たちはジャックを阻止できるのか。

犬養と古手川のバランスが良く、サクサク読めました。犬養は端正な顔立ち故に
男の敵が多い⇒ 敵味方を判別する⇒ 野郎の嘘を見抜く⇒ 野郎の検挙率では
本庁でも一二を争う30代バツ2。一方、古手川は成長が楽しみな20代。その他
どこかの主人公なのではと思えるほど、彼の背景がかなり書き込まれています。
臓器移植という軸に、真摯な刑事や医療者に対し、捜査妨害ともいえる悪戯や
書き込み。その対比も考えさせられます。他の作品も読みたくなりました。

刑事犬養隼人シリーズ: 切り裂きジャックの告白.
犬養隼人: 警視庁刑事部捜査一課刑事、警部補、主人公
古手川和也: 埼玉県警捜査一課刑事、合同捜査で犬養とコンビを組む
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/567-5fee0302

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad