2013

12

04

コメント

世界記憶コンクール. 三木笙子



世界記憶コンクール/氷のような女/黄金の日々/生き人形の涙/月と竹の物語

高広の通う質屋は、友人となった兎川博一と父親が店を切り盛りしている。物覚えがよく
近所で「帳簿いらず」と言われている博一が、記憶力で世界一を決める勝負はあるのかと
高広に聞いてきた。破格で引き受けた副業が、実は悪事ではないかと心配になったのだ。
その話に礼はいつもの如く、高広に解決を求める。(世界記憶コンクール.より)

奇天烈なコンクールと質屋の構造からホームズの一編を連想し、高広に解決をせがむ礼。
落とし所は目新しくはないですが、明治の香りと相俟って安心して読める連作短編集です。
全作収録「点灯人」に登場した森恵の成長が見られる一編、高広と礼の出会いがイキナリ
登場する一編など。シリーズの厚みを感じさせる一冊でした。

帝都探偵絵図シリーズ: 人魚は空に還る. 世界記憶コンクール. 
里見高広:編集長以下二名、至楽社の雑誌記者
有村礼:帝都随一といわれる絵師
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/432-c2356c3b

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad