2013

02

21

コメント

赤い球体. 倉阪鬼一郎



美術調律者・影

自らの作品を呪物と化した異端の芸術家・黒形上赤四郎。彼に陶酔した渋沼は、自ら
プロデュースするアイドルグループのプロモーションに使用、町に溢れる広告や流れる
音楽が凶事を引き起こす。それに対抗すべく、天才的な画家・影は幼馴染の光・明の
力を借り、歪んだ色を探し始める。だが、渋沼の狂気は加速を増していく。

久しぶりのスプラッター倉阪です。ここまでスプラッターだと、いっそ爽快と思えます。
影は、キャンバスに向かい合うように現実の風景を見る。そして、その風景の歪みを
視ることで姿を隠している渋沼を探し出そうとします。ですが、その間にも凶行は進み
そこここでスプラッターです。主要人物たちが芸術家であるシリーズ一作目の本作は
復活あるいは誕生と、主要人物紹介といったところでしょうか。今後、楽しみです。

美術調律者・影シリーズ情報: 赤い球体.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/361-82c8cd65

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad