2012

12

04

コメント

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2.本多孝好



今回の渡瀬の依頼は、アゲハの一人を生きたまま連れてこいというものだった。技術系の国際会議に、アゲハたちの生みの親が出席する。それを狩りにくるアゲハを狩れといのだ。昴は、手を組もうというアゲバの申し出を断り、彼らの未知の能力と国際会議で対立する。昴に秘策はあるのか。一方、セキュリティ会社の不穏な動きが、会場に更なる混乱を招く。

特化した能力を持つ昴たちと殺戮を繰り返す謎の集団アゲハが、ライン違いでつくられたものであったこと、殺戮はその復讐であること。前作はそこまでが判明して終了しました。本作はアゲハの構成とその能力が、昴の頭の良さと性格の悪さが、明らかになりました。そして、アゲハの中心的人物・学と昴がついに対面、今後の展開を更にわからなくさせる深い会話を交わします。確かに昴の背中を押したと思い、次回作を楽しみに待ちます。

シリーズ情報;ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1.ACT-2.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/348-c815c6f4

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad