2012

08

31

コメント

まだ見ぬホテルへ. 稲葉なおと



1999年に単行本として、2003年に文庫本として刊行された同タイトル旅行記を、
短編小説として加筆・修正し、書き下ろし6作品を加え、2011年に文庫化された。

設計事務所で働いていた筆者が感じた、クライアントが心のどこかで意識している
ホテルという存在。それを理解するには、実際にその場に身を置いてみるくこと。
筆者が訪れたホテルの建造物と、そこで出会った人たちとのエピソード31編です。

個人的ベスト3は、↓でしょうかw 是非、笑って下さい。
至福のとき.バンヤン・ツリー・ビンタンにて、スパトリートメントを初めて体験。
頼りになるひと.ル・ロイヤル・マンスール・メリディアンの無表情なマネージャー。
サンジェルマンの朝.ル・ルレ・サンジェルマンの格別の信頼がおけるマネージャー。

まだ見ぬホテルへ.2003へGo
筆者が撮影した写真と、いとこである稲葉浩志さんの解説があるのは、こちらです。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/333-b6d8e730

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad