2010

10

30

コメント

さよならバースディ.荻原浩



田中真は霊長類研究センターで、ボノボ(別名:ピグミーチンパンジー)のバースディに
言語習得実験を行っている。一介の助手の真だが、この実験の創始者・安達助教授が
自殺してからは、実験を引き継いでいる。だが、安達が自殺して一年も経たないある日、
共同利用研究者の由紀が、窓から身を投げる。真が、由紀にプロポーズし受け入れて
くれたと思っていた、その夜だった。真は、唯一の目撃はバースディから真相を探る。

研究という不条理渦巻く怖い世界と、真の愛する人間を失った真っ当な反応の対比で、
こんなに金と名声が絡んだ醜い人間になってはいけないという話です、多分(笑)。
複雑すぎず、研究センターという舞台に謎解きもあっているので、読んでいて楽しい。
真には性格はそのままで偉くなって欲しいですね。やめるな真、頑張れ真。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/235-3081b216

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad