2010

10

03

コメント

ハードボイルド・エッグ.荻原浩



フィリップ・マーロウに憧れ、私立探偵になった最上俊平。ハードボイルドを狙っているが
最初の依頼人が街の愛猫クラブ副会長だったからか、以後八割がペット失踪捜査だった。
巻き返しにダイナマイト・ボディの秘書を募集するも、若づくりの声と他人の写真に騙され、
雇ってしまったのは八十過ぎの婆さんだった。笑いと涙の探偵小説。

ハードボイルドに憧れる探偵が、失踪捜索のペットや秘書の婆さんに振り回されてつつ
軽くすったもんだした挙句に、いよいよ知人の絡んだ殺人事件に巻き込まれていきます。
笑いと涙のバランスがよく、最後は泣けてしまうかも・・・。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/231-569d1b8c

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad