2009

05

11

コメント

四隅の魔. 三津田信三



死相学探偵 2

城北大学に編入した転子は、怪談を語り合うサークル〈百怪倶楽部〉に入部した。
新しい学生生活は、転子にとって楽しいものであった。寮の地下室で行った儀式
〈四隅の間〉の最中に部員の一人が突然死をとげ、寮に不気味な黒い女が現れる
までは。。。 転子から依頼を受けた、他人の死相を視ることが出来る探偵・弦矢
俊一郎は死相の謎を解き、死の連鎖を止められるのか。シリーズ第2弾。

俊一郎がオトナでした。客商売に有り得ないほど無愛想で、依頼人だけ助ければ
いいんだろ的なキャラが、新しくて面白かったのですが。引き続き、所轄署の曲矢
刑事が登場しますが、掛け合いもちょろ。前半の〈四隅の間〉の儀式の不気味さは
流石です。小心者ですので、暗くしては読めません。

死相学探偵シリーズ情報: 十三の呪. 四隅の魔.
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/136-4b1b25b6

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad