2019

05

22

コメント

カインの子どもたち.浦賀和宏



立石アキの祖父は拘置所で死刑を待つ身だった。両親は冤罪と信じ活動をしているが、アキ自身は祖父の面会にも行ったことはなかった。小学生の頃に「カインの孫」と冷やかされ心の傷となっていった。一方、ノンフィクション作家・泉堂莉菜も死刑囚の祖父を持っていたが、祖父の無実を信じ冤罪をテーマにした本を数冊出していた。二人は出会い、共に祖父の事件を追う。

桑原銀次郎が筆者のライフワーク的に多数作品に登場するのかと思っていましたが、前作のやられっぷりをみていると泉堂莉菜の前座的な存在なのかと疑います。本作はなぜ莉菜が西野冴子を標的にしたのかは判明しますが、それだけに銀次郎となぜ敵対しているのかが疑問に残ります。銀次郎というより週刊標榜なのかも知れませんが。元妻といい、女運が悪いのでしょうか。

リンク情報:Mの女十五年目の復讐.カインの子どもたち.
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/1083-66a0c866

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad