2019

05

16

コメント

赤レンガの御庭番.三木笙子



不老不死の霊薬/皇太子の切手/港の青年/My Heart Will Go On

明治の世。明彦は米国の探偵社で経験を積み帰国、横濱で探偵事務所を構えた。義母の生家は将軍直属の情報機関である御庭番、その家柄からか明彦は横濱実業界の長老から横濱に暗躍する犯罪コンサルト・灯台を壊滅するための個人的な御庭番としての依頼を受けた。共に動くのは既に横濱の仕出し弁当屋として潜入しているミツだった。

明彦は文弥を従え、ミツと共に灯台に対峙します。事情があり生後すぐに義父母に養子に出され、しかし生家より裕福であったため何不自由なく育った容姿端麗、頭脳明晰な明彦。一方、ミツも容姿端麗、頭脳明晰ながらも影があります。それが灯台とどう繋がるのかが一つ注目される点です。明彦がミツに随分と思い入れがあるようでしたので、複雑な過去のどこかで繋がっているのかと思いましたが、今回あっさり終了しました。

入江明彦:米国から戻り探偵事務所を開設、義母の生家が八大将軍の御庭番
文弥:明彦の身の回りの世話をする、母が明彦の乳母だった
本橋主税:明彦の義理の叔父、横濱税関長
楠総一郎:横濱実業界の長老
ミツ:楠翁の指示で横浜の仕出し屋で御庭番となる
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/1078-1290c79f

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad