2019

05

03

コメント

響野怪談.織守きょうや



怪談実話の家族版です。男所帯の響野家の末っ子・春希の優しさは、霊的なものだけではなさそうな色々なものも呼び寄せてしまいます。夏生は見えるようですが気にしない、名前の如く夏のような運動部の極みのような対応で。秋也は全く信じもせず、冬理はより強く守ることもでき。父は大らかに。それぞれの話に兄弟を噛み合わせながら、怪談実話家族版が進んでいきます。一話だけ、毛色の違う怖さの話があります。(と、思うのですが読み違いかも知れません)

響野父:オカルトライターらしき、霊感ナシ
響野夏生:その息子、高校2年生らしき、見えたりするが気にしないバスケ部員
響野秋也:その弟、中学3年生らしき、本が好き、信じていない
響野冬理:その弟、中学3年生らしき、霊感あり、対処もできる
響野春希:その弟、中学1年生らしき、霊感あり、よく呼び寄せる
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/1074-34f7f2bd

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad