2019

03

31

コメント

砂の街路図.佐々木譲



教師の岩崎俊也は両親が大学時代を過ごした運河町を訪れた。20年前、父は行き先も告げずにこの町で4日を過ごし、運河で溺死した。母の葬儀も済ませ、父が何故この町で死んだのか疑問が抑えきれなくなり、俊也は運河町に旅立ったのだ。快活だった父を変えた出来事が徐々に明らかになっていく。

淡々と進む本作はドキュメンタリーの解説を聞いているかのようです。強引なところもありますが、こんなに淡々と事情を聞かれたら自分だったら引くなとか、ちょっと怖いかなとか思います。そして最後の扉はまさかの異世界。死の真相は最後までわかりません。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/1040-9f0af6c1

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad