2018

10

21

コメント

聖女の毒杯.井上真偽



その可能性はすでに考えた

「カズミ様」の伝説のある地方の町は、花嫁の結婚の意思が何より尊重される。フーリンはかつての部下を訪ね、「飛び石毒殺事件」に巻き込まれた。婚礼の場で、同じ盃を回し飲みした花婿や親族が、飛び石で毒殺される事件が発生したのだ。青髪の探偵・上苙丞は、「カズミ様」の奇蹟を存在を証明するため容疑者探しの場に現れる。

奇蹟を目眩しに仕組まれた殺人事件。鉄板のネタですが、その中から真実をではなく、仕込みを全て否定出来たから奇蹟であると、奇蹟の証明に挑む探偵。飛び石で毒殺されているので様々な単独説・共犯説が飛び交います。諸説を「ゆえに矛盾」と否定するのが羅列され、難しいところはスルーなのですが雰囲気が好きなので理屈ではありません。

シリーズ情報:その可能性はすでに考えた.聖女の毒杯.

上苙丞(うえおろ じょう):奇蹟の存在証明に挑む探偵
姚扶琳(ヤオ フーリン):上苙に金を貸す、老仏爺(ラオフォイエ)
宋儷西(ソン リーシー):西王母(シーワンムー)の異名を持つ怪女
八ツ星聯(やつほし れん):探偵の元助手
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shikafu.blog.fc2.com/tb.php/1003-780f51d6

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad