2019

09

19

コメント

少女は鳥籠で眠らない.織守きょうや



少女は鳥籠で眠らない/石田克志は暁に怯えない/三橋春人は花束を捨てない/小田切惣太は永遠を誓わない

弁護士になって2年。木村龍一は家庭教師をしていた家で15歳の教え子の少女に淫行したという、21歳の大学生・皆瀬理人の弁護士に選任された。2度目の接見後、犯罪被害者である黒野葉月が事務所に座っていた。葉月は全部誤解で全部していないと木村に言い、仕切り始める。(少女は鳥籠で眠らない、より)

心霊ものから読み始めたので、この話もいつか霊が現れる。または既にこの人物が?疑い100%で読み進めましたが、全く現れず。解説で知りました現役弁護士が描くリーガル・ミステリ、そりゃ出てきません。法廷もありませんが、新人弁護士は成長していきます。強い意思と目的を持った人たちにとっては弁護士も道具でしかない、それでも腐らずに空回るそうです。それの対比として先輩弁護士のクールさも美味しいです。
スポンサーサイト



プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad