2019

07

18

コメント

ぼぎわんが、来る.澤村伊智



あれが来たら、答えてはいけない開けてはいけない。秀樹が幼少の頃、祖父が一度は追い返した。だが、秀樹が結婚し子供もが生まれた頃、あれを対応した部下は怪我を負い病院に運ばれたが徐々に悪化していった。家族を守るため秀樹は比嘉真琴と名乗る霊能者を頼ったが、真琴の姉が紹介した霊能者も返り討ちに遭う。あれは予想以上に強力だった。

ワタクシ、どうやら読む順番を間違えていましたね。最後に初作を読むなんて。。。それ故か、真琴の姉・琴子が伝説過ぎて故人なのではと思っていたのですが、真琴が常に言っていたように力のある人でした。このシリーズは常に主人公がいつ再起不能になってもおかしくない緊張感がありますね(なので、琴子が故人なのではないかと疑惑が生まれていたのだと……)。

第22回日本ホラー小説大賞受賞作

シリーズ情報:ぼぎわんが、来る.
スポンサーサイト

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad