2018

11

13

コメント

誰も僕を裁けない.早坂吝



職業娼婦、趣味探偵。上木らいちの元にメイド服一式と訪問依頼が届いた。差出人は逆井東蔵、全く面識がなかったが指定の日時に訪ねると四泊五日30万円でメイドをすることにな理、翌日、東蔵の子供が連続で殺害される。一方、高校生の公平は埼を深夜に訪ね、条例違反で逮捕される。らいちは犯人を明らかに、公平は裁きを跳ね除けられるのか。

軽めの流れについ惑わされますが、裏表紙にある社会派は間違いではないのかもです。残念な人もいますが、多くの人は形は違えど芯があると思いますし、危機をくぐり抜けた企業小説に通じるような気がするのですが気のせいですか?同族会社の連続殺人事件の結末がこんなに爽やかとは思いませんでした。

シリーズ情報:○○○○○○○○殺人事件虹の歯ブラシ.誰も僕を裁けない.
スポンサーサイト

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad