2018

07

11

コメント

ふりむけばそこにいる.久賀理世



奇譚蒐集家 小泉八雲

境界の少年/眠れぬ子らのみる夢は/忘れじのセイレーン/誰がために鐘は

母を亡くしたオーランドは見ず知らずの父方の親族に引き取られ、ダラム
郊外にある聖カスバート校に編入することになった。ダラムまでの列車で
出会った、世の怪を蒐集するパトリックは校内でも有名な変わり者だった。
オーランドは怪異を共に体験しながら、パトリックと友情を育んでいく。

親族から疎まれて僻地の神学校に送られたオーランドは、似た境遇である
パトリックと出会い友情を育みます。二人の複雑な背景は徐々に語らえて
いますが、それを乗り越えていくこれからの続編を楽しみにしたいです。
再びチェロを手にするオーランドの姿とか、ありそうな気配なのですが。
あまりにも有名な小泉八雲の学生時代、粒揃いな短編の奇譚集です。

オーランド・レディントン:聖カスバート校編入生
パトリック・ラフカディオ・ハーン:聖カスバート校変わり者の神学生
   オーランドにはパトリキオス・レフカディオス・ハーンと名乗る
ジョージ・ロバート・ハーン:パトリックの兄
スポンサーサイト

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad