2018

06

19

コメント

GODZILLA 怪獣黙示録.大樹連司



大樹連司=著 虚淵玄=監修

1999年アメリカ合衆国ニューヨーク州、人類の前に初めて怪獣が出現した。
度重なる怪獣の出現で大陸を2つ失い、世界人口が3分の1にまで減少した時、
ゴジラが出現。今迄の脅威はゴジラの前では惨劇の始まりに過ぎなかったと
人類は思い知る。エクシフ、ビリサルドという地球外生命体との接触を経て、
人類はゴジラを倒すため決死の作戦を計画する。

本作は、アニメ映画版GODZILLAの前史として書き下ろされた小説版です。
地球連合情報部の職員アキラ•サカキが、2048年アトラム号への乗船まで
聞き取り調査を行った記録だと記されていますが、彼らは乗船できたのか。
調査の性質上ドキュメンタリー調で進みますが、それが絶望感を煽ります。
2048年3月11日の記録で本作は乗船の直前で終わっています。

GODZILLA:怪獣黙示録.
スポンサーサイト

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad