2017

07

29

コメント

トラップ. 相場英雄



土管/手土産/捨て犬/トラップ

西澤は前の事件で端緒を掴んだ、贈収賄事件を追っていた。その矢先、
真藤が体調不良で倒れ、〈 水も漏らすな 〉という伝言を西澤は受け取る。
これ以上水が漏れる要素はない。西澤がそう判断して送検してた2日後。
東京地検特捜部から電話が入った。(トラップ、より)

企業の横領や背任、詐欺案件の担当部署に異動して3年近く。安定感の
増した西澤が事件を追う連作短編集です。前の事件で端緒を掴み、次で
更に調査を進めて立件する。そして、最後のトラップでまさかの展開です。
シリーズとして無茶です。携帯電話の会社がイツモ。これも笑えました。

警視庁刑事部捜査二課第三知能犯捜査係(三知)
西澤辰巳: 異動して3年目の警部補
真藤勝: 第三知能犯捜査係長、警部
清野卓: 行動確認班、警部
小堀秀明: 西澤より年下のキャリア、警視

シリーズ情報: ナンバー. トラップ.
スポンサーサイト

2017

07

25

コメント

機龍警察 〔完全版〕. 月村了衛



警視庁特捜部ポリス・ドラグーン。刑事部、公安部などいずれにも属さない
専従捜査員と搭乗要員を擁する特殊セクション。裏社会の通称、機龍警察。

不審な外国人複数が潜伏。匿名の通報により現場に向かった深川署員は、
先着のパトカーを破壊して逃走する、三機の機甲兵装を追う。だが、三機は
地下鉄のトンネル内へ侵入。軍用兵器による、立て籠もり事案へ発展した。
警察はSATと龍機兵を投入するも、最悪の結果を招いてしまう。

〔完全版〕を読んでみました。解説によると章に再編された点、姿の過去が
2頁ほど加筆された点、固有名詞の改変、視点人物の明確化、などがある
そうです。確かに、誰の視点なのかが明確になれば面白さが増しますね。
続けて文庫化されるのを楽しみにしています。

機甲兵装: 人体を模して設計された、二足歩行型軍用有人兵器
沖津旬一郎: 特捜部長、警視長
姿俊之: 特捜部付警部、龍機兵フィアボルグ搭乗要員、フリーランスの傭兵
ユーリ・オズノフ: 特捜部付警部、龍機兵バーゲスト搭乗要員、元モスクワ警察刑事
ライザ・ラードナー: 特捜部付警部、龍機兵バンシー搭乗要員、元IRA
鈴石緑: 特捜部技術班主任、警部補

機龍警察シリーズ情報: 機龍警察. 機龍警察 〔完全版〕.

2017

07

21

コメント

霊感検定 春にして君を離れ. 織守きょうや



清貴は両親と折り合い悪く、結婚する兄・貴之の新居で暮らすことになった。
だが、程なく貴之が交通事故で死亡。主を失った携帯から清貴に届く着信。
霊は視えなくなった。だが、思い悩む母親。伝手を頼り、心霊現象研究会に
寄せられる相談や気付いた霊に、メンバー達は今日も真摯に対応する。

前作に続き、本作の舞台の多くは新宿東第一高校です。そして、九条高校
との距離は思っていた以上に近いような。表紙の絵は、どこの部分だがは
読めばわかります。そして、ここが選ばれたことにも納得します。ワタクシも
ここはイイなと感じ、今後も形を変えて残っていくのではと思いました。

藤本修司: 九条高校二年生、霊感検定三級
羽鳥空: 九条高校二年生、霊感検定準一級
伐晴臣: 九条高校二年生、霊感検定準二級
馬渡: 九条高校司書、霊感検定を開発、霊感検定六級
夏目歩: 新宿東第一高校二年、霊感検定二級
筒井遥: 新宿東第一高校二年、霊感検定ゼロポイント
和泉清貴: 新宿東第一高校二年、霊感検定六級

シリーズ情報: 霊感検定. 心霊アイドルの憂鬱. 春にして君を離れ. 

2017

07

16

コメント

組長デカ. 南英男



羽賀が警視庁捜査一課から捜査三課に左遷されて一ヵ月、父が急死した。
エスカレーターからの転落死だった。だが、逮捕したスリが父のライターを
持っていたことを機に、父の死に疑いを持つ。事故死でなく他殺なのでは?
羽賀が独自に調査を始めると、思いがけないに事件に繋がっていく。

軽めな話でした。独自で捜査をする場合は、現在追っている時間の合間に
行うものと思っていましたが、なんと、まさかの風邪で4連休でした。しかも、
明日もや休みたいな的な軽さです。事件を追う中で、現場にいたこともあり
ますが、他部署そこスルーかとも驚きます。

2017

07

12

コメント

ガリレオの小部屋. 香納諒一



無人の市/流星/指先からめて/冬の雨にまぎれて/
雪の降る町/ガリレオの小部屋/海鳴りの秋

三度目の補導をされた実を引き取りに来たのは、母と別居中の父だった。
二年前にはめられたと言って警察官を馘になり、家から出て行った父とは
それ以来の再会だった。父は思いついたように実をキャンプに連れて行く。
だが、父が追い続けていた男が現れる。(海鳴りの秋、より)

父と息子の話です。決して大団円で終わるわけではありませんが(だから
こそ好きな終わり方なのかもです)、主人公が「少年の日、父親とふたりで
冒険をできた男は倖せだ」と、父親になった今思えるところが泣けますね。

2017

07

08

コメント

はこ. 小野不由美



あかない箱。いなくなった物。ある日、あいた箱の中には何が入っているのか?

繰り返し起こる開かない箱といなくなる物。想像すると案外怖いものです。怪談
えほんシリーズのようですが、小学生にこんな怖い話いいんですか?東雅夫編、
だけあって他にも素晴らしい作家たちがシリーズに名を連ねています。

2017

07

03

コメント

全員少年探偵団. 藤谷治



宝飾デザイナーを父に持つ吉田元基は小学六年生。ある日、全身灰色の服を
纏ったカクイと名乗る男が訪れ、自らが経営している芸能プロダクションのオー
ディションに吉田母子を招待した。カクイこそが、製作中の吉田氏の宝飾を狙う
怪人二十面相だったのだ。明智小五郎と少年探偵団の活躍で、一度は未然に
事件を防いだが、怪人二十面相は次の手を打って出る。

少年探偵団オマージュ作品の文庫化第二弾! 
第一弾から読んでみようと思ったのですが、第二弾だったようです。昭和の頃、
小学生向けのシリーズを読んでいるかのような気持ちになる、ひらがな多めの
文体です。しかし、本作は現代なのです。携帯電話や豆乳ドーナツがばしばし
登場しており実に不思議な感じですが、世界に入ってしまい違和感なしです。

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad