2019

05

13

コメント

くれなゐの紐.須賀しのぶ



大正の世。婚礼の前日、長姉のハルが消えた。半年後、次姉のもとにハルの字で書かれた差出人のない凌雲閣の絵葉書が届き、仙太郎は消印のあった浅草にハルを追う。だが、手立てのない仙太郎は六区を牛耳る男子禁制の少女ギャング団・紅紐団の長と出会い、団のシマを荒らす組織を女装して仙太郎は探ることになる。

ハルが姿を消したのは少なからず自分のせいだと仙太郎は思っています。みつけて話がしたい一心で男子禁制の少女ギャング団に潜り込み、女装して大活躍します。ですが、この時代の女性の立場や貧乏が学ぶ機会を奪い体を売る少女達と出会ったことで、仙太郎も自分が何をすべきか、ハルが何を考えているのかを理解していきます。仙太郎が正面から受け止めて自分の道を選んだところ、いい感じでした。
スポンサーサイト



2018

05

07

コメント

革命前夜.須賀しのぶ



昭和の終わった日。バッハを深く思う眞山柊史は、東ドイツでピアノ留学を始めた。各国から集まった才能に自分のピアノを見失っていく日々、教会で美しいピアノ奏者に魅せられる。だが、彼女は国家保安省の監視対象だった。ベルリンの壁崩壊前のドデスデンで音楽と思想の違いに翻弄される柊史だが、やがて彼は自分の音と思いを見出していく。

解説で朝井リョウ氏が読後、自分自身が存在しない世界を舞台に物語を作り上げることができる「書けないものない系」の書き手だと語られていました。非常に抑えた書かれ方ですが切迫感があり、まさに革命前夜です。人物も皆、個性的で魅力的でした。そして、最後泣けます。

現状滞っていることがあり、音楽全く関係ナシなのですが柊史のスランプに勝手に思い入れてしまいました。年末の振り返りで再登場しそうです。

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

カテゴリ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad