2018

07

05

コメント

ゴジラ.香山滋



第Ⅰ部 ゴジラ
ノヴェライズ:ゴジラ -ゴジラ東京編/ゴジラの逆襲 -ゴジラ大阪編
オリジナル:G作品検討用台本
第Ⅱ部 獣人雪男

海底洞窟にひそんでいたゴジラは水爆実験により安住の地を追われる。
大戸島の漁船や島が襲われ、ついに東京に上陸する。白光を背面から
発光させ、口中から白熱線を吐き出す。為す術もなく破壊される東京。
オキシジェン・デストロイヤーがゴジラを倒せるか(ゴジラ、より)。

個人的にゴジラブームです。博士の娘が「ですワ」と喋ったり、攻撃
されたゴジラを「ゴジラ、へいちゃら」と表現したり、昭和の香りが
プンプンしていますが、現代に置き換えても遜色無い素晴らしさです。

ゴジラ東京編・大阪編は、昭和30年7月書き下ろし刊行、昭和51年
9月復刊、以降5回も出版されているとのことです。名作よ永遠にw
スポンサーサイト

2018

06

26

コメント

GODZILLA プロジェクト•メカゴジラ.大樹連司



大樹連司=著 虚淵玄=監修

3037年、人類にとって最大の脅威であるゴジラは西ヨーロッパを蹂躙し、
海へ消えた。故郷を失い地球に飛来した異星人達の科学力を受け、怪獣に
蹂躙されるがままだった地球連合は反撃に出る。束の間の勝利をつかむが、
2042年ゴジラが再び姿を現す。地球連合はメカゴジラを最終兵器とすべく
捨て身の作戦を打ち出す。

異星人の科学力を持ってすればゴジラは倒せる。作戦を遂行すべく多くの
犠牲を払う地球。これが多方面から書かれていて、唸ります。偏りがなく
調査を行なったアキラの性格の良さが窺い知れるようで(わかってます、
アキラは書いていません・笑)読んでいて感動すら感じます。前史なので
経過は読めてしまいますが、最後は希望が見えます。ゴジラの根底にある
テーマは変わらない気がします。

GODZILLA:怪獣黙示録.プロジェクト•メカゴジラ.

2018

06

19

コメント

GODZILLA 怪獣黙示録.大樹連司



大樹連司=著 虚淵玄=監修

1999年アメリカ合衆国ニューヨーク州、人類の前に初めて怪獣が出現した。
度重なる怪獣の出現で大陸を2つ失い、世界人口が3分の1にまで減少した時、
ゴジラが出現。今迄の脅威はゴジラの前では惨劇の始まりに過ぎなかったと
人類は思い知る。エクシフ、ビリサルドという地球外生命体との接触を経て、
人類はゴジラを倒すため決死の作戦を計画する。

本作は、アニメ映画版GODZILLAの前史として書き下ろされた小説版です。
地球連合情報部の職員アキラ•サカキが、2048年アトラム号への乗船まで
聞き取り調査を行った記録だと記されていますが、彼らは乗船できたのか。
調査の性質上ドキュメンタリー調で進みますが、それが絶望感を煽ります。
2048年3月11日の記録で本作は乗船の直前で終わっています。

GODZILLA:怪獣黙示録.

プロフィール

シカフ

Author:シカフ
シカフ衛星Cへようこそ!

日本ブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

軽量 ページネーション

Designed by

Ad